読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

ザ・コーチ

自己啓発 谷口貴彦

 著者・谷口貴彦

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 

内容紹介

あなたの中にある無限の可能性は、目覚める時をずっと待っています──。
ある日突然、未来の自分が変わり出す!
全国の企業や自治体・学校で、延べ3000時間以上にわたり、
多くの人の夢や目標の実現をサポートしてきたコーチングのエキスパートが書き下ろす
感動のコーチング・サクセスストーリー


主人公の星野(36歳)は住宅メーカー営業部の万年係長。
人柄もよく人望もあるのだが、肝心の販売成績がふるわない。
ある日、期待を寄せていたお客に逃げられた星野は、
むしゃくしゃした気持ちを静めるために、いつもの公園に出かけた。
そこに偶然現れたのは、どこか見覚えのある一人の老紳士だった……。

「目標を持ちなさい」「目標を達成するようにがんばれ」
ビジネスの世界はもちろん、子ども時代に何かと先生や部活の先輩に言われた
この「目標」という言葉の真の意味を、
正確に知っている人は、果たしてどのくらいいるでしょう?

一度立てた目標は必ず達成しなければならない
──そういう目標の呪縛から解き放たれた時、主人公の星野の未来は突然動き出し、
うつうつとしていた日常がわくわくする毎日に変わり始めて行きます。

「ゴールを設定するということは、最高の自分になると決めること」
「夢は、誰かと比較して優劣を決めるものではありません」
「私たちは普段、世界をすべて見ているようで、実は何も見えてはいない」
「選択と決断の時こそ、人の運命が動き出す時」
「私たちは自分の言葉に洗脳される動物なのです。ならば──」
「あなたが本当に心から望んでいる未来は、あなたの手によって必ず叶えられます」

今の仕事やポジションに満足していない人、
「今の仕事、自分に向いていないかも」と思っている人、
将来の夢と現状の自分にギャップを感じている人、
そして将来の自分の姿が描けなかったり、夢があってもその実現方法がわからないすべての人に贈る、
今まで知らなかった自分と出会うための生き方革命の本。


【目次より抜粋】
◆第1章 人生の転機
上手くいくことがいいとは限らない/軌道は変えられる

◆第2章 目標の達人への道
達人への入口/曖昧さという名の落とし穴/解釈と誤解と真実の本質/
夢と目的と目標とゴール、そしてビジョン/ドリームリスト/ドリームツリー

◆第3章 価値ある恩恵
『目標の達人ノート』/成功と感情/盲点と焦点とチャンス/ゴールと博識の関係/
断つ、選ぶ、決める、学ぶ。そして詩人になる/そして次の山を見る

◆第4章 障害
心のブレーキ/方向を誤った目的/学習性無力感/無知と恐怖/小さく始める/
「知る」は、「できる」の始まり/ビリーフを書き換える/評価軸を変える/意味を変え、訓練によって慣れる

◆第5章 始まりの日
本当の目的と価値観が重なるなら/目標を与えるということ/無限の可能性

◆第6章 真実が姿を現す時
ゴールツリー/本当の目標/行動によって価値を高める/行動を設計する/目標に磨きをかける

◆第7章 自分に正直に生きる
ほかの誰かになろうとすることをやめる/チャンスの神様は、準備が整った人の前に現れる/
「思うこと」と「やること」

◆第8章 ネクスト・ステージ
三年後/決断/五年後/バトン

 感想

 理想の状態を明確にし、それに向かって行動。そして必要なことをするための見える化でものごとは手に入るということが分かった。

 

 最後まで読んでくれてありがとう。

悪魔を出し抜け!

自己啓発 ナポレオン・ヒル

 著者・ナポレオン・ヒル

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 

 

内容紹介

あらゆる自己啓発書に、影響を与え続けている<「思考は現実化する」の衝撃の現実が再び!
『思考は現実化する』を発表した翌年である1938年に 書き上げながら、親族の反対により70余年封印されていた「悪魔」との対話。
人間の「意識」がもつ可能性を解き明かすナポレオン・ヒル幻の書。

第1章 アンドリュー・カーネギーとの出会い
第2章 「もう一人の自分」の偉大なる力
第3章 悪魔との対話
第4章 「流される」習慣
第5章 最も重要な告白
第6章 ヒプノティック・リズム
第7章 引き寄せの法則
第8章 代償の法則
第9章 善と悪は常に同時に存在している
第10章 自制心について
第11章 成功は常に過去に経験した失敗の数に比例する
第12章 「無限の知性」とつながる

「思考は現実化する」が示したのは、成功へのロードマップだった。
『悪魔を出し抜け』では、あなたを躊躇させている、その「障害物」を 取り除く方法が示されている
-ブライアン・トレーシー

 感想

 この本をよく、出版したなという気持ちでいっぱいなった。ハッキリいって、本当に出していい本なのかということが読んでいてよくわかる。

 これから学べた一番のことは目的や計画を明確にすれば、人生で望むものはすべて手に入るということである。

 かなりおススメの本。キミに幸あれ

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

3日で運が良くなる「そうじ力」

著者: 舛田光洋

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

 

 

商品の説明

換気する、捨てる、汚れを取る、整理整頓、炒り塩。この5つのステップで人生にマイナスになるものが取り除かれ、人生がガラリと好転します。きれいな部屋は“幸運”を呼び込む宝箱。

 感想

改めて掃除の力そして大切さがわかる一冊。

 最近そうじがあまりできてなかったので、この本を読んでからますますやりたいと思った。

 

短くてごめんね。

最後まで読んでくれて本当にありがとう!!

あなたのままで奇跡をおこす!:思考選びの実験

自己啓発

 著者・都築まきこ

あなたのままで奇跡を起こす!: 思考選びの実験

あなたのままで奇跡を起こす!: 思考選びの実験

 

 

内容紹介

今まで選ばなかった「思考」を選ぶ。たったそれだけ。いつもこういうシーンで失敗してきた…どうしても恋愛が上手くいかない…いつも職場の人間関係が苦しい…こんなあなたにオススメです。何これ?ミラクル!?ダマされたと思って一週間試してみてください!

 感想

読みやすくかつ、引き寄せの法則のポイントをうまくついている本。

 世の中にはいろいろな引き寄せの法則について書かれている本があるけど、これは本当に読みやすく、読んでいて楽しい本だった。

 これには複数のワークが書かれていて、どれも簡単にでき、確実に思考を変えることができる。

 引き寄せの法則をうまく活用したい人には是非とも、おススメしたい一冊だね。

願いがかなうふしぎな日記

文学 自己啓発

 著者・本田有明

願いがかなうふしぎな日記

願いがかなうふしぎな日記

 

 

内容紹介

おばあちゃんからもらった日記に願いごとを書くと、その願いが叶うようになった。そこで「泳げるようになった!」と書いた光平は……。

 感想

 児童書ではあるけど、大人が読んでも初心を思いだす本かな。ボク自身、子供の頃を思い出した。

 嫌なことや良いことがいっぱいあった。でも、これを読んでいてい思ったのは、勇気の大切さと、誠実でいようということがしっかり思い出すことが出来た。

 

 

ポジティブ・チェンジ

自己啓発

 著者・メンタリストDaiGo

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ

 

 

内容紹介

時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事。7つのスイッチで、あなたは激変する! 楽しみながら自分を変える「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になる方法を教えます。たった5週間で人生を変える最強の心理術。 [潜在能力を最大限に引き出す5週間トレーニング]  1週目…A4の紙に自分を書き出す。2週目…「新しいこと日記」をつける。3週目…「めんどうくさい」を行動のサインにする。4週目…「超恥ずかしいこと」をやる。5週目…敵を利用する。人の心を読み、行動を操る人気メンタリストのDaiGo先生。DaiGo先生は、少年時代、いじめられっ子でした。つらい、いじめを克服するためにメンタリズムの技術を身に付けたといいます。「人は誰でも簡単に変身できる」というのは、メンタリストDaiGo先生の信念です。心理学のさまざまな法則と技術を使い、あなたの人生を変える画期的な方法を教えます。

 感想

ハッキリ言ってすごく簡単に自分を変えることのできる画期的なやり方が書いてあった。これをやれば、だれでも簡単に自分を変えることができるとボクは思うよ。

ボク自身、自分を変えるためにいろいろやってきたけど、ほぼ同じことをやってきたと思う。

これから自分を変えたい人や初心を思い出したい人には結構おススメかな。

 

最後まで読んでくれて、ありがとう。

これからもよろしくね。

ウケる日記

文学 水野敬也

 著者・水野敬也

ウケる日記

ウケる日記

 

 

内容紹介

『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる』などを代表作に持つ作家、水野敬也がライフワークとして書き続けているブログ。それが、「ウケる日記」です。
2011年、更新が途絶えていた水野のブログは「ある事件」をきっかけに再開。
アメブロ削除事件」「ポスティング界の島耕作」「かわいそうなチャッピー」など、数々の伝説を生んできた同ブログは、内容のほとんどが下ネタにも関わらず、なぜか女性から支持をウケています。
本書では、読者から特に人気の高かった記事に加筆・修正を加え、さらに、過激すぎて掲載できなかった幻の未公開日記「富士急ハイランド事件」も収録いたしました。

 感想

 相変わらず水野さんの本はおもしろい。「夢をかなえるゾウ」は学びもあっておもしろいが、この本は単純におもしろかった。

 最近は自己啓発本ばかり読んでいたので、本を読むのがつまんなくなっていたけど、この本のおかげで本の面白さに再度気づくことができた。

 特に未公開日記の「富士急ハイランド事件」は最高すぎる。本当にノンフィクションなのか疑うくらいの濃い内容で、思わず爆笑してしまったほどだ。しかしながら、この本でも学ぶことはあった。

 水野先生の本は本当にユーモアあり、学びありでとてもタメになる本ばかりなので、是非、一度手に取ってもらいたいと、心から思っている。

 もしかしたら、これが、キミの変わるきっかけになるかもしれないね。

 

最後まで読んでくれて本当にありがとうございます。