本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

著者・水野敬也

 

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

 

 

内容紹介

人生くだりのエスカレーターに乗りかかった、夢をあきらめきれないOLのもとに、
自称成功請負人のヘンな神様・ガネーシャが現れた!
しかも今回は「ブラック」仕様。カーネルサンダースくんを白髪にし、ムンクくんを
叫ばすほどにスパイシーな、ブラックガネーシャ流成功法ってなに?
 釈迦や貧乏神などおなじみのキャラに加え、今回はガネーシャのライバル登場!?
ガネーシャ様最大のピンチ!!
笑って、泣いて、タメになる、究極の自己改革エンターテインメント小説!

 

感想

ボクは夢をかなえるゾウは全部読んで、一つ思ったことがあるんだ。それは、

「3つで一つの本だったんじゃないかな」っていうこと。

一つ目で自分の思考を変えて

二つ目でお金の考え方を変えて

三つ目で成功に対する考えかたを変える

これが3つで一つの本じゃないかなっていう理由。

特に3つ目のこの本にはとても重要なことが書いてある。

それは、他の本には書いていない成功・成長するために必要な「痛み」について書かれてあったことだ。

痛みっていうのは本当に必要なことだとボクは思う。

あなたも成長痛って体験したことあるよね?

あれがあったから身長が伸びることが出来たでしょ。それと一緒なんだよ。

 

痛みがあるから成長も成功も出来る。でも、痛みがなかったら成長できないし、変化もしない。だから、変わらないし、成功も出来ないっていうのがこの本を読んだ後のボクの考え。

 

読む前は「ありのままでも成功できるんだ~」って思っていたけど、「ありのまま」ってことは現状となんも変わろうとしないことなんだよね。だから今思えば、ボク自身「成長してなかったな~」って思った。

このことが分かっただけでもこの本を読んで本当に良かった。だってそのおかげでボクはまだまだ成長できるから。

 

ボクはこの本を是非あなたに本当に読んで頂きたい!