本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

四つ話のクローバー

 著者・水野敬也

四つ話のクローバー

四つ話のクローバー

 

内容紹介

200万部の大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」著者による、幸せになるための4つの物語。
クローバーは通常三つ葉ですが、ごくまれに四つの葉をつけることがある。この「四つ葉のクローバー」を見つけた人には幸運が訪れるという伝説があるということは知っているかい?

それに、四つの葉にはそれぞれ

「faith(誠実)」

「happiness(幸福)」

「heart(愛情)」

「hope(希望)」

の意味があるんだ。


そして、この本「四つ話のクローバー」に登場する4つの物語にも、「笑い」や「感動」だけではなく、「幸運」を呼び込むための具体的なヒントがつまっている。

■第一話:「この世界に存在する『たった一つの成功法則』を教えてもらえる」。その噂を信じて会長室の扉を開けた男が見たものは――「深沢会長の秘密」


■第二話:12月31日、大みそかの夜。「紅白歌合戦」をはるかに超える視聴率を叩き出す怪物番組が現れた――「ハッピーコロシアム」


■第三話:突然、駅のホームで幽霊になってしまった男は、世にも不思議な「人生」の授業に参加する――「見えない学校」


■第四話:深夜、誰もいない遊園地で親子が途方に暮れていた。「ジェットコースターに乗せてもらえなければ、私たちは死んでしまうのです」――「氷の親子」

 

4つの物語を読み終えたとき――あなたの元に幸運が訪れているかも。きっとね。

感想

 ボクはこの本から8つのメッセージを受け取ることができた。

「深沢会長の秘密」からは、「努力」「願望達成の仕方」

「ハッピーコロシアム」からは、「欲望と成長」「感謝と満足」

「見えない学校」からは、「共感」「他人の視点で考えること」

「氷の親子」からは、「諦めないこと」「無条件の愛」

この本は人によって受け取るメッセージが違うと思う。ボクは上記のメッセージを受け取ったが、あなたはきっと、違うメッセージを受け取ると思うよ。それだけいろいろなメッセージが隠されているとボクは感じた。

ボクがこの本のなかで特に好きなのは「氷の親子」。感動して思わず泣いてしまったほどだ。

「氷の親子」は人生について語っているエピソードだとボクは思う。ボクもいつかは死ぬときがくるさ。死ぬことについて考えていないと、人生は長く感じれられるかもしれないね。

でも、人はいつか死ぬよ。死ぬ時になって初めて自分の歩んできた人生を振り返るんだ。

その時に振り返った人生を見て「満足」なんだろうか、それとも「後悔」なんだろうか。それは、人によって違うよね。

ボクは「満足」と心の底から思って死にたい。そして、そういう生き方をこれからもしていこうと思った。本当に大事なことを教えてくれるエピソードだったよ。

ボクはこれからも自分の信じた通り生きていく。辛いことも楽しいことも、楽なことも、苦い経験もいろいろするだろう。それも全部含めて心の底から人生を楽しんでいく。

 

この本がオススメの人

やりたいことがわからない高校生

現状に不満足な20代サラリーマン

夢を追いかけている20代フリーター

など、若い世代の人に読んで頂きたいな。