本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

老人と海

著者・ヘミングウェイ 翻訳・小川高義

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

 

内容紹介

数カ月続く不漁のために周囲から同情の視線を向けられながら、独りで舟を出し、獲物がかかるのを待つ老人サンチャゴ。やがて巨大なカジキが仕掛けに食らいつき、三日にわたる壮絶な闘いが始まる…。決して屈服しない男の力強い姿と哀愁を描く、ヘミングウェイ文学の最高傑作。

感想

ハッキリ言って全然わからなかった。ボク自身まだまだなぁと実感できる一冊。

今はまだ読んでも理解することや作者の気持ちは全然わからなかったが、これからいろいろな本を読んだ後、また読み返してみようと思う。