本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

たった一通の手紙が、人生を変える

 著者・水野敬也

たった一通の手紙が、人生を変える

たった一通の手紙が、人生を変える

 

内容紹介
【著者コメント】
本書は、誰もが日常的に扱えるものなのに、そこに秘められた大きな可能性にはほとんどの人が気づいていない、ある分野に関する技術を体系化してまとめたものです。
  その分野は、「手紙」です。
  この言葉を聞いて、「手紙なんかに一体どんな可能性があるというのだろう?」と疑問に思う人がほとんどだと思います。そして、何よりも私自身が、手紙とは単に儀礼的な場面で送るものだと考えていました。しかし、処女作「ウケる技術」を書いたとき、まったくの無名だった私は、著名人の方に本と共に直筆の手紙を送り、推薦文をいただくことができました。この経験によって手紙の持つ力に魅了された私は、「人の心をつかむ手紙の書き方」を日々研究するようになったのです。そうした研究対象には、ヘミングウェイ夏目漱石などの文豪の手紙、スティーブ・ジョブズグラハム・ベルなど優れた経営者の書いた手紙があり、そこで使われている技術を丁寧にひも解いていきました。その結果、直筆の手紙を書くことで、通常であれば決して会うことのできない人に会い、仕事をする機会に恵まれたり、両親や恩師に感謝の手紙を書くことで感動してもらうことができました。また、お礼状を書くことで多くの人に応援してもらえたり、仕事で失敗したときも謝罪の手紙を送ることで、失敗する前よりも深い関係になることができました。そして、手紙について学べば学ぶほど、手紙の技術には相手への気遣いやサービスの本質が凝縮されていることが分かります。その意味で、本書で学ぶ技術は、文章だけではなく通常のコミュニケーション能力の底上げにもつながるでしょう。
本書が、あなたが素晴らしい人間関係を築き、豊かで充実した人生を送るきっかけになることを願っています。

 感想

読んでいくうちに、どんどんのめり込んでいく本。

「LINEやメールでのやりとりがほとんどを占めている中で、いまどき手紙?」という風に思っていた。ボクは手紙などをほとんど出したことがなく、手紙といえば、子どもの頃に同じ幼稚園の女の子に書いた一回くらいだった。それに今は、LINE、電話での連絡手段がほとんど。

ボクより若い世代は手紙を書いたことのある人はほとんどいないんじゃないかな?(個人的な意見では)

気になって読んでみると初めはおもしろくはなかったよ。でも、読めば読むほど手紙の奥深さ、重要性が伝わってきた。

それに例文、例文の解説、回答、回答の解説という風な感じで構成されているので、何が良く、何が悪いのかが、すぐにわかる。そのおかげでスラスラ読めるし、計算ドリルを解いているみたいですごくおもしろかった。

この本で一番読んで頂きたいのは、小説家の朝井リョウさんが、音楽プロデューサーのつんく♂さんに出した手紙の部分。手紙の量も多いのだけど、何よりも内容が素晴らしかった。これほどまでに、相手を喜ばせることに徹底されている手紙はボクは初めて見た。

まだ、読んでいる途中だけど、本当に一回読んで頂きたいと思う本だ。

ボクも将来そんな手紙を出せるような素晴らしい人物でありたいと思う。

最後まで読んで頂き、本当にありがとう。