本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

ウケる日記

 著者・水野敬也

ウケる日記

ウケる日記

 

 

内容紹介

『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる』などを代表作に持つ作家、水野敬也がライフワークとして書き続けているブログ。それが、「ウケる日記」です。
2011年、更新が途絶えていた水野のブログは「ある事件」をきっかけに再開。
アメブロ削除事件」「ポスティング界の島耕作」「かわいそうなチャッピー」など、数々の伝説を生んできた同ブログは、内容のほとんどが下ネタにも関わらず、なぜか女性から支持をウケています。
本書では、読者から特に人気の高かった記事に加筆・修正を加え、さらに、過激すぎて掲載できなかった幻の未公開日記「富士急ハイランド事件」も収録いたしました。

 感想

 相変わらず水野さんの本はおもしろい。「夢をかなえるゾウ」は学びもあっておもしろいが、この本は単純におもしろかった。

 最近は自己啓発本ばかり読んでいたので、本を読むのがつまんなくなっていたけど、この本のおかげで本の面白さに再度気づくことができた。

 特に未公開日記の「富士急ハイランド事件」は最高すぎる。本当にノンフィクションなのか疑うくらいの濃い内容で、思わず爆笑してしまったほどだ。しかしながら、この本でも学ぶことはあった。

 水野先生の本は本当にユーモアあり、学びありでとてもタメになる本ばかりなので、是非、一度手に取ってもらいたいと、心から思っている。

 もしかしたら、これが、キミの変わるきっかけになるかもしれないね。

 

最後まで読んでくれて本当にありがとうございます。