読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読めばいいじゃないか。

おもしろい本しか読みたくないんだ。

ザ・コーチ

 著者・谷口貴彦

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 

内容紹介

あなたの中にある無限の可能性は、目覚める時をずっと待っています──。
ある日突然、未来の自分が変わり出す!
全国の企業や自治体・学校で、延べ3000時間以上にわたり、
多くの人の夢や目標の実現をサポートしてきたコーチングのエキスパートが書き下ろす
感動のコーチング・サクセスストーリー


主人公の星野(36歳)は住宅メーカー営業部の万年係長。
人柄もよく人望もあるのだが、肝心の販売成績がふるわない。
ある日、期待を寄せていたお客に逃げられた星野は、
むしゃくしゃした気持ちを静めるために、いつもの公園に出かけた。
そこに偶然現れたのは、どこか見覚えのある一人の老紳士だった……。

「目標を持ちなさい」「目標を達成するようにがんばれ」
ビジネスの世界はもちろん、子ども時代に何かと先生や部活の先輩に言われた
この「目標」という言葉の真の意味を、
正確に知っている人は、果たしてどのくらいいるでしょう?

一度立てた目標は必ず達成しなければならない
──そういう目標の呪縛から解き放たれた時、主人公の星野の未来は突然動き出し、
うつうつとしていた日常がわくわくする毎日に変わり始めて行きます。

「ゴールを設定するということは、最高の自分になると決めること」
「夢は、誰かと比較して優劣を決めるものではありません」
「私たちは普段、世界をすべて見ているようで、実は何も見えてはいない」
「選択と決断の時こそ、人の運命が動き出す時」
「私たちは自分の言葉に洗脳される動物なのです。ならば──」
「あなたが本当に心から望んでいる未来は、あなたの手によって必ず叶えられます」

今の仕事やポジションに満足していない人、
「今の仕事、自分に向いていないかも」と思っている人、
将来の夢と現状の自分にギャップを感じている人、
そして将来の自分の姿が描けなかったり、夢があってもその実現方法がわからないすべての人に贈る、
今まで知らなかった自分と出会うための生き方革命の本。


【目次より抜粋】
◆第1章 人生の転機
上手くいくことがいいとは限らない/軌道は変えられる

◆第2章 目標の達人への道
達人への入口/曖昧さという名の落とし穴/解釈と誤解と真実の本質/
夢と目的と目標とゴール、そしてビジョン/ドリームリスト/ドリームツリー

◆第3章 価値ある恩恵
『目標の達人ノート』/成功と感情/盲点と焦点とチャンス/ゴールと博識の関係/
断つ、選ぶ、決める、学ぶ。そして詩人になる/そして次の山を見る

◆第4章 障害
心のブレーキ/方向を誤った目的/学習性無力感/無知と恐怖/小さく始める/
「知る」は、「できる」の始まり/ビリーフを書き換える/評価軸を変える/意味を変え、訓練によって慣れる

◆第5章 始まりの日
本当の目的と価値観が重なるなら/目標を与えるということ/無限の可能性

◆第6章 真実が姿を現す時
ゴールツリー/本当の目標/行動によって価値を高める/行動を設計する/目標に磨きをかける

◆第7章 自分に正直に生きる
ほかの誰かになろうとすることをやめる/チャンスの神様は、準備が整った人の前に現れる/
「思うこと」と「やること」

◆第8章 ネクスト・ステージ
三年後/決断/五年後/バトン

 感想

 理想の状態を明確にし、それに向かって行動。そして必要なことをするための見える化でものごとは手に入るということが分かった。

 

 最後まで読んでくれてありがとう。